★電力自由化は法人も対象です!電気料金を上手に節約しながら財務体質の改善!★

金曜日 , 25, 3月 2016 Leave a comment

電力自由化が4月から始まりますが、法人の低圧電力を利用している場合も対象となります。これまでは事務所が所在する地域を管轄する電力会社と契約していますが、今後は自由に契約先を選べるようになります。今回、電力自由化が大々的にメディアやネットで取り上げられていますが、法人に関しては既に自由化が始まっているのはご存知でしょうか。対象は高圧や特別高圧といった大規模な電力使用の法人に限られていますが、1995年から大型ビルや商業施設などへの電力小売りが開始されています。したがって、新電力とよばれる既存電力会社以外の企業でも、豊富な実績とノウハウを有しているところが多いので、安心して電気の供給を受けることが可能です。2016年4月は電力自由化の全面解禁となり、これまで以上の多くの電力会社が参入してくるので、より一層のコスト削減・サービスの拡充が期待できます。ただし、TVCMや広告などで目にする新電力は個人向けのサービスが多いので、法人も対象にしているかの確認が必要です。法人で実績のあるおすすめの電力会社はエネットです。NTTファシリティーズ、東京ガス、大阪ガス3社によって設立された新電力であり、業界トップのシェアを誇っています。供給施設も2万件を突破しており、利用者からの評価も高いのが魅力です。また、小規模工場や事務所など低圧電力を利用している場合は、東燃ゼネラル石油のmyでんきがおすすめです。法人・個別両方を対象とした電気料金プランを提供しており、今までよりも割安な料金が実現可能です。一度確認してみてはいかがでしょうか。

電力自由化 法人はコチラ

URL:xn--6oq38f3t0c83y.net

FireShot-Screen-Capture-#186---'電力会社_net※電力自由化対応の電気料金比較ランキング'---電力会社_net

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です